Facebook Image

PADI マスタースクーバダイバー

PADI マスタースクーバダイバーコース

 

マスタースクーバダイバーはアマチュアレベルの最高峰。

 

 

 

 

 

まずはパース・スクーバにお問い合わせください。 お問合せ

インストラクターになりたい!そう思った時が、大きく一歩踏み出す時。パーススクーバに申し込もう!お申込み

“インストラクター開発コース(IDC)”

PADIインストラクター開発の基礎となるのが、PADIコースディレクターの元で開催されるインストラクター開発コース (以下:IDC)です。

このIDCは アシスタント・インストラクター(AI)コースと、 オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)プログラム 2つから構成されています。

AIコースとOWSIプログラムを連続して組み合わせたものがIDCとなります。

YukiShikama 201211

AI head007 Red 850x30

PADIアシスタント・インストラクターコースは、PADIインストラクター開発コース(IDC)の最初の一部です。 このコースはPADIプロフェッショナルとして経験を得るだけでなく、 PADIダイバー教育システムを学ぶ最初のステップでもあります。

 

AI can do head007 Green 850x30

Yu-Iwata 201403

  1. PADIインストラクターの元で、PADIダイバーコースの知識開 発部分を実施できる。

  2. PADIインストラクターの元で、PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースのトレーニング・ダイブ中にある水面スキルの評価を実施できる。

  3. PADIピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー・スペシャルティ・ダイバーを認定できる。

  4. プロジェクトAWAREスペシャルティ・コースを認定できる。

  5. PADIディスカバー・スクーバ・ダイビングのプールまたは限定水域ダイブを実施できる。

  6. エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・ファースト・レスポンス・コースを実施できる。

  7. デジタル・アンダーウォーター・フォトグラファー・インストラクター・コースを修了すればデジタル・アンダーウォーター・フォトグラファーコースを実施できる。

 

AI requirement head007 Green 850x30

  1. PADIダイブマスター、または他の指導団体でリーダシップ・レベルとして認定されている。

  2. 18歳以上であること。

  3. ナイト・ダイビング、ディープ・ダイビング、アンダー・ウォーター・ナビゲーションを含めた、ログに記載されているダイブ経験本数が60本以上であること。

  4. 認定ダイバーになってから6ヶ月以上経っていること。

  5. 過去24ヶ月以内にCPRとファースト・エイドのトレーニングを受けていること。

  6. 病歴/診断書。

 

 

AI info head007 Green 850x30

  1. IDCナレッジリビュー、規準エグザム、IDCカリキュラム・プレゼンテーションの聴講と知識開発プレゼンテーション

  2. ダイブ・スキル評価、限定水域プレゼンテーション

  3. オープン・ウォーター・講習プレゼンテーション、PADIダイブマスター・コースのレスキュー評価

     

    ・講習期間 : 5日間(開催日はお問い合わせください。

    ・必要教材 : お問い合わせください。

    ・AIコース料金 :A$650

   ※コース料金の中には、教材代、レンタル器材代の料金は含まれて降りません。    

 お問合せ

 

 

OWSI head007 Red 850x30

PADI OWSIプログラムはPADIインストラクターになるための最終のステップです。

このコース中、それぞれの生徒が必要としていることをPADIダイバー教育システムを使って適応させることを学びます。 包括的なトレーニングと多様な教材を使い、同僚や生徒から多くの信頼も得ることになります。 このPADIオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクターは、PADIディスカバー・スクーバ・ダイビングからPADIダイブマスター・コースまで幅広い範囲に及ぶPADIプログラムを実施することができます。

 

OWSI requirement head007 Green 850x30


Hiromi&Keiko IE

  1. PADIアシスタント・インストラクターとして認定されているか、または他の指導団体でリーダーシップ・レベルとして認定されている。
  2. 18歳以上であること。

  3. ナイト・ダイビング、ディープ・ダイビング、アンダー・ウォーター・ナビゲーションを含めた、ログに記載されているダイブ経験本数が60本以上であること。

  4. 認定ダイバーになってから6ヶ月以上経っていること。

  5. 過去24ヶ月以内にCPRとファースト・エイドのトレーニングを受けていること。

  6. ダイビングに適した健康体であり、過去12ヶ月以内に行われたダイビング健康診断のPADI病歴/診断書を提出する。

 

OWSI info head007 Green 850x30

  1. IDCナレッジリビュー、規準エグザム、IDCカリキュラム・プレゼンテーションの聴講と知識開発プレゼンテーション

  2. ダイブ・スキル評価、限定水域プレゼンテーション

  3. オープン・ウォーター・講習プレゼンテーション、PADIダイブマスター・コースのレスキュー評価を修了(PADIダイブマスターでない場合)

  4. IE(インストラクター・エグザミネーション)参加までにログブックに記録されているダイビングが60本以上

 ※パース・スクーバはPADIダイビングショップレベルが最上級のCDCのため、ダイビング経験本数が60本以上で特別にIEに参加することができます。

IDC CrwPk

  

  ・OWSI講習期間 : 6日間(開催日はお問い合わせください。

  ・必要教材 :お問い合わせください。

  ・OWSIコース料金  A$1,350

  ・IDC(AI + OWSI)コース料金 :A$1,750

    ※コース料金の中には、教材代、レンタル器材代、インストラクター試験代の料金は含まれて降りません。

 

ご質問、お問い合わせはこちらまで!

 お問合せ

プロフェッショナル・コース

ダイビングを極めたい! プロになりたい!

そう思った時が決心をするときです!

 

パース・スクーバは、プロフェッショナル・コースも充実しています。

パース・スクーバでは通常、ダイブマスター・コースからインターンシップ制を取り入れていますので、みなさんしっかりダイブマスターとしてのスキルを磨いて頂くことができます。そしてダイビング経験本数が足りない人も、たくさんダイビングをしたい人も、安心の“本数無制限”ダイビングシステムで、思う存分パースの海でダイビングを満喫して頂くことができます。是非、パース・スクーバでダイビングの“プロ”を目指してみませんか!?

 

IMG 3002 (1) 
プロとしての第一歩は、ダイブマスターを目指すこと!
パース・スクーバならオーストラリアで一番大きな充実した施設で
スキルを磨く事ができます! 
 
IMG 3007
インストラクター開発コース(IDC)を受講後、
インストラクター試験(IE)を受けます。
パースでのチャンスは年4回!
  
IMG 3184
インストラクター取得後は、スペシャルティー・インストラクター(SPI)を取得して、 マスター・スクーバー・ダイバー・トレーナー(MSDT)や、IDCスタッフ・インストラクターなど、インストラクターとしての経験を積むことで、キャリアアップになります!
 

ご質問・お問い合わせはお気軽ににお問い合わせください

PADIダイブマスター・コース

“プロフェッショナルへの登竜門!”     

PADIダイブマスターは、PADIプロフェッショナルの道への最初のステップです。

このコースでは、ダイビング知識とスキルをプロレベルまで高め、コース修了後はダイバー達のリーダーとして、さまざまな活躍の場が得られます。

海の素晴らしさを、ダイビングの楽しさを多くの仲間と分かち合いたい、あなたの夢を叶えるために、PADIダイブマスター・コースに今すぐチャレンジしましょう!!

32462 124376737592426 100000603006825 221838 8155000 n

  • PADIダイブマスターになるとできること

◆PADIダイブセンターやリゾート、ダイブ・ボートのスタッフとして働くことができる。 

◆PADIインストラクターと一緒にお客様のアシストができる。 

◆PADIスキンダイバーコースを単独で実施し、認定ができる。

◆PADIディスカバー・スノーケリング・プログラムを実施できる。

◆認定オープン・ウォーター・ダイバー以上の認定ダイバーのPADIスクーバ・リビュー・プログラムを実施できる。

◆PADIディスカバー・ローカル・ダイブ・エクスペリエンス・プログラムを実施できる。

◆エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・ファースト・レスポンスコースを実施できる。 

◆PADIディスカバー・スクーバ・ダイビング・リーダーの資格がある場合は、単独でプールもしくは限定水域でディスカバー・スクーバ・ダイビングを実施できる。 

 

  • ダイブマスター・コース参加の条件
1.PADIアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、または、それに相当する資格(PADI以外でも可)を有していること。
2.PADIレスキュー・ダイバー、または、それに相当する資格(PADI以外でも可)を有すること。
3.過去24ヶ月以内にEFR一次および二次ケア・トレーニング、またはそれに準ずるものを修了していること。
4.ダイビングに適した体調であるか診断し、医師の署名の入った病歴/診断書(12カ月以内)が必要(お持ちでない方はこちらで病院をご紹介いたします。) 
5.ログブックに最小限40回のダイブが完了していること。 
6.18歳以上であること。

ご質問・お問い合わせはこちらまで!

お問合せ

 

Course Info head007 Blue 850x30

 

 知識開発

   ◆トピック1 「PADIダイブマスターの役割と資質」

   ◆トピック2 「認定ダイバーの監督」 

   ◆トピック3 「生徒ダイバーのアシスト」

   ◆トピック4 「ダイバーの安全とリスク・マネージメント」

   ◆トピック5 「ダイブマスターが実施できるプログラム」

   ◆トピック6 「特殊スキルと活動」 

   ◆トピック7 「ダイビングビジネスとキャリア」 

   ◆トピック8 「ダイビング環境への意識」 

   ◆トピック9 「潜水理論の復習」 

 水中スキル開発

  • スタミナスキル評価

   ◆実習1 「400m水泳」 

   ◆実習2 「15分間立ち泳ぎ」

   ◆実習3 「800mスノーケルスイム」

   ◆実習4 「100m疲労ダイバー曳行」 

   ◆実習5 「器材交換」

  • ダイバーレスキュー

   ◆限定もしくは海洋で実施

  • ダイブスキル

   ◆ワークショップ

   ◆24スキルのデモンストレーションレベルへの開発と評価

 実践応用

  • 実践スキル
  • ダイブマスターが実施できるプログラムのワークショップ

    実践評価 

    プロフェッショナリズム評価 

 
Course Schedule head007 Blue 850x30
 一週間~(講習期間は、候補生によって異なります。)
 
Course Price head007 Blue 850x30 
    ダイブマスター・コース料金:A$695
 
Iclude head007 Blue 850x30

 海洋実習費用、タンク&ウエイト代、ダイブマスターに必要な最低60本(無制限ダイブ可能)のダイビング。

 ※ コース料金に含まれないもの:ダイブマスター教材費用(下記参照)、ダイビング器材(レンタルもできます)。

必要教材

  • ダイブマスター・マニュアル
  • インストラクターマニュアル(紙版orデジタル版)
  • エンサイクロペディア
  • ダイブマスタースレートセット(4枚)

※教材については特別パッケージ割引でご提供しております。

 

ご質問・お問い合わせはこちらまで!

お問合せ