Facebook Image

PADI プロフェッショナル継続教育

インストラクターも継続的にレベルアップする事で、 ダイビングのプロとしてスキルを磨き、自信を持ってダイバー育成に励むことができます。
「パース・スクーバ」は空気&エンリッチドエアーのタンク充填設備を持ち、大型プロジェクターを完備するクラスルームを2部屋、器材のオーバーホールを行えるメンテナンスルームもあり、ダイビング・インストラクターとして十分に役に立つ知識をみにつけることができます。
 
また、将来海外でダイビングインストラクターとして働きたいと思っている方には、パースで唯一職業訓練を行えるダイビングショップ「キャリア・ディベロップ・センター(CDC)」ですので、世界中で活躍出来ます!

 idc pool   img 0260   classroom2 

プロを目指すことのゴールは決して、ダイブマスターやインストラクターになって終わりではありません。
インストラクターが知識を得る事によって、様々なコース運営を学ぶ事によってお客様に安心て、質の良い楽しいコースをご提供する事ができるようになります。

ダイブマスター(DM) :PADIプロフェッショナルの登竜門!このDMレベルからプロとして活躍できます。
   arrow46-013  
インストラクター(OWSI) IDC (インストラクター開発コース)後、PADIが開催するインストラクター試験を受け、資格取得です。
   arrow46-014  
スペシャルティ・インストラクター(SPI) たくさんあるスSPIコースの中から一つづつ選んで受けて頂けます。
   arrow46-013  
マスター・スクーバー・ダイバー・トレーナー(MSDT) 5つのSPIライセンスと、25人以上のダイバー認定にて達成です。
   arrow46-014  
IDC スタッフ・インストラクター(IDCS) MSDTの資格取得後、IDCにスタッフとして参加しながらコースについて学びます。
   arrow46-013  
マスター・インストラクター(MI) IDCスタッフ取得後、認定数、IDC参加回数等の基準を満たして達成です。
   arrow46-014  
コースディレクター(CD) 年に2回開催されるPADI本部によるCDTCにて、PADIインストラクターの最高資格を取得します。

 

「パース・スクーパ」ならやりがいを感じながら、ダイビングのプロフェッショナル継続教育にも励んで頂けます。 
 

ご質問、お問い合わせはおちらまで!

お問い合わせ